重要なお知らせ
コルクラボ紹介募集制について
★1月スタート20名限定★

今回コルクラボではコミュニティを学ぶコミュニティとして、
新しい仲間の募集の仕方も実験します。
今回は現役コルラボ会員からの紹介のみで新規会員の応募を受け付けます。
※1月スタートの限定20名を〆切ったあとの募集は随時実施します

応募詳細は、現役コルクラボ会員の紹介で
①紹介募集フォーマット
②応募先メールアドレス
を受け取って必要事項を記載の上ご連絡ください。
about_img_1.png

現役コルクラボ会員の探し方


お友達で現役コルクラボ会員を探してみてください。
知り合いがいないという方は、
コルクラボ公式Twitterのフォロワーやコルクラボポッドキャストから、
現役コルクラボ会員を探してコンタクトをとってみてください。

【Twitter:コルクラボ・公式@corklab】
コルクラボの最新情報をお伝えします。
コルクラボでは、「コミュニティファースト」という言葉を掲げて、
コミュニティを運営するために必要 な知識、技術を学んでいきます。
URL:https://twitter.com/corklab

【ポッドキャスト:コルクラボの温度】
コルクラボの会員が自分たちで発信している
ポッドキャストがあるので聞いてみてください。
内容が少しわかるかもしれません。
URL:https://goo.gl/xrCvnk

コルクラボとは/コミュニティとは


about_img_4

僕はずっと編集者をしてきた。今も編集者だが、仕事の内容は大きく変わってきた。
テレビ、新聞、ラジオ、出版。マスコミの仕事は、流通が安定していた。そのため、制作に関わる人は、 コンテンツファーストのマインドが重要だった。
コンテンツがよければ、確実に売れる。それを信じながら仕事をすることができた。
インターネットによる最も大きな変化は、流通の崩壊だ。そして、コンテンツの量が、圧倒的に増えた。
これからの時代、コミュニティをつくり、コンテンツを作らなければいけない。
コンテンツを届ける方法は、プラットフォームではなく、コミュニティになっていく。コミュニティと コンテンツは、両輪で、どちらか片方ではいけない。鶏と卵のような関係とも言える。
しかし、コミュニティを意識的に作るという経験を、僕らはまだほとんどしたことがない。
コルクラボでは、「コミュニティファースト」という言葉を掲げて、コミュニティを運営するために必要 な知識、技術を学んでいく。僕自身もまだ道半ば。コミュニティに関しては理解していないことが多い。
SNS・WEBサービスを使ったコミュニティのプロデュースを一緒に学ぶ場になる。
株式会社コルク
代表取締役社長
佐渡島庸平

コルクラボの学び方


コルクラボは学校ではありません。なので、手取り足取り、学びをサポートしたりはしません。
しかし、とてつもなくたくさんのことを学べる場です。同時に、何も学べない場でもあります。
学びは、自分の中に、このことを知りたい、分かりたい、という欲望が生まれた後に来ます。どれだけ 洗練された情報だとしても、自分の中に欲望がない人は、そこから何も学べません。
コルクラボで有効的に学べるかどうかは、自分の覚悟次第。

CONTENT


活動内容

コルクラボWEBサイト(ラボメンバー限定)で交流を行いながら、イベント・プロジェクトへ 参加しコミュニティ運営についてをメンバーそれぞれが学んでいきます。

オフライン定例会

全体ワークショップ。ゲストと佐渡島の対談(月1回開催)
コルクラボイベントの様子

月一度コミュニティに関わるゲストと佐渡島の対談でコミュニティへの理解を深めます。
昨期は様々なクリエイターやコンテンツ業界最前線のビジネスパーソンに
登壇してしていただきました。
・小説家:伊東潤さん
・ノンフィクション作家:小松成美さん
・株式会社SCRAP代表取締役社長:加藤隆生さん
・東京芸術大学教授:佐藤雅彦さん
・株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ代表取締役副社長:軽部政治さん

2018年6月までのスケジュール

1/31(水)、2/28(水)、3/28(水)、4/18(水)、5/23(水)、6/20(水)

プロジェクト進捗報告会(月1回開催)

自主的に集まったプロジェクトのメンバーが集い、各プロジェクトの進捗報告を行う。

プロジェクト

ラボメンバーが立ち上げた、コミュニティへの理解を深めるための実践プロジェクト活動

小松成美プロジェクト
小松成美プロジェクト

ノンフィクション作家小松成美の新作を一緒に作るプロジェクト。
新作を一緒に制作する中で、
一流のインタビュー術を学んだり、
クリエイターのSNS戦略を立案・実行する。

「マチネの終わりに」読書会プロジェクト
「マチネの終わりに」読書会プロジェクト

平野啓一郎のマチネの終わりにの、読書会を実施。
Barとコラボした本格的な読書会を開催した。

部活

映画を観たり、マンガを読んだり、美味しいものを食べに行ったり。
共通の趣味を持ったメンバーで一緒に遊びます。

羽賀部
羽賀部

漫画家羽賀翔一の作品
『君たちはどう生きるか』を中心に
プロモーションを立案したり読書会をする部活。

ポッドキャスト部
「マチネの終わりに」読書会プロジェクト

ポッドキャスト『コルクラボの温度』を外部に向けて
発信していく部活。

2018年6月までのスケジュール

1/31(水)、2/28(水)、3/28(水)、4/18(水)、5/23(水)、6/20(水)

PLAN


会員メンバーの種類

コルクラボ
コルクラボ 2018年1月募集
紹介限定20名募集
一般
¥10,800/月
(2018年1月から参加可能)

ラボメンバー紹介選考に際して


選考基準

選考基準

  • ストレングスファインダーの上位5つの結果
  • このサイトより各自テストを受けて、上位5つの結果を提出してください。過去に受けたことがある場合は、その際の結果でも大丈夫です。

  • 秘密の課題(400字以内)(詳細はコルクラボ現役会員を探してみてください!)
  • 志望動機
  • 自己アピール

FLOW


入会の流れ

入会においては、Facebookアカウントが必要です。

  • 1. コルクラボ現役会員から「募集フォーマット」と
    「コルクラボ入会用メールアドレス」を受け取り必須事項をメール
  • 2. 書類選考
  • 3. 合否連絡
  • 4. コルクラボメンバー専用Web申込

※合格者は入会時にクレジットカードまたは銀行振込でのお支払になります。
※クレジットカードの場合、毎月のお支払い。銀行振込の場合、6ヶ月単位でのお支払いになります。
※クレジットカード決済・銀行振込が確認されるとアクティブメンバーとなります。

PROFILE


プロフィール

コルクラボ
Yohei
Sadoshima
佐渡島庸平

編集者、コルク代表取締役社長
1979年生まれ。中学時代は南アフリカ共和国で過ごす。灘高校から東京大学文学部に進学し、大学卒業後の2002年講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。
『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、『16歳の教科書』などの編集を担当する。
2012年に講談社を退社し、クリエイターのエージェント会社、コルクを設立。

IMPORTANT NOTICE


注意事項

※コルクラボの投稿は、メンバー専用WEBでの公開です。佐渡島も、メンバーにしか出せない特別なメッセージを発信していきます。よって、コンテンツ(写真・文章等)の無断転用や許可なしでのメンバー写真のアップなどはお控えください。ただし、コルク側のツイッターやブログ等で、投稿を個人が特定できない形でご紹介させて頂く場合がありますのであらかじめご了承ください。

※メンバーが安心して気持ちよく交流出来るコミュニティをつくるため、誹謗中傷や運営側が不適切と判断したコメントは削除させて頂く場合がございます。また、他メンバーへの迷惑行為、情報商材またはそれ相当と判断されるビジネスに関わる方の入会はお断りします。確認されたメンバーには、警告や強制退会などの措置を取らせて頂くことがあります。

※トークイベントなどで許可なく撮影はできません。録音、文字起こしなど禁止させて頂いております。

※実名での参加を推奨しており入会にはFacebookアカウントが必要です。オフラインでの交流もありますので、プロフィール、写真の設定お願いしております。実名との不一致があった場は、各種イベントに参加いただけない場合がありますが、ご了承下さい。

※コルクの利用規約に準じます。

以上、どうぞよろしくお願いします。

コルクラボ 事務局

トップに戻る